改革の速度

スコラ・コンサルトという会社は組織の改革のお手伝いを仕事としてしています。

ただ、自分が所属する組織を改革する、というのは他人に代わりにやってもらうようなものではありません。ということは、私たちがしている仕事は改革そのもの、というより、側面からの支援なのです。つまり、改革が進みやすくなる環境、もしくは条件を整備するお手伝いです。

たとえば、改革に不可欠なのは人材です。改革を進めるに足る人材が十分に初めからいる場合は問題がないのですが、多くの場合そうした人材は不足しています。

どんな人材が改革を成功させるのに必要か、と言えばそれは単に優秀かどうかの問題ではないから難しいのです。

優秀な人材ならすぐにでも見つけられます。ただ、優秀な人材は往々にして現状を肯定する傾向が有ります。そうした場合、残念ながら当事者として困難な改革に立ち向かう気概が不足してしまうことが多いのです。

もちろん、初めから十分な気概を持っている人材が必要なだけいるなら、この点に関する私たちのお手伝いは不必要です。十分な気概と言いましたが、初めから顕在化しているケースはまれです。多くの場合、それを引き出すプロセスが必要になる、ということです。

どういう人が改革に必要な人材の可能性を持っているのか、というのは大きな問題です。私も明確な答えを持っているわけではないのですが、人に対して関心の強いタイプは改革への問題意識を育てやすい、という傾向があるように思います。

こうした、改革に必要な人材の潜在的な能力を引き出す環境を周りと協力しながら作る、というのが最も大きい私たちの仕事かもしれません。