SHIBATA MASAHARU's BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 総選挙

<<   作成日時 : 2012/12/04 17:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

過渡期、という言葉が一番似合いそうな総選挙が始まりました。残念なことに、この政党となら未来を一緒に作っていける、という選択が極めてし難い、というのが今のところ、私の実感です。

私たちのように、関心はあっても、とくに政治的な活動をしていない普通の人間にとっては、今の状況は何かひどくもどかしい、というのが本当のところでしょう。

でも、もし私が中国人なら、そもそも政治家を選択する可能性すらまったく持っていないわけですから、今の状況に不平など言っていたら、贅沢だ、と叱られてしまうかもしれません。

それにしても自分の考え方とぴったりと一致する政党がない、というのは残念ですね。

民主党にはこれは、と思わせる人材がかなりいるようには思うのですが、惜しむらくはチームで仕事をする、ということが出来ていない、と思います。それよりも何よりも、子供手当のように、バラマキ的な感覚を強く持っていることが問題だと思います。

努力する人間に支援をする、というような基本的な姿勢を持たない限り、社会は進化していきません。誰に対してもまんべんなく支援をする、といったバラマキ的な福祉政策は国民の足腰を弱くし、国を滅ぼす、と思うからです。
当たり前のことだと思うのですが、どういうわけか、こうした基本的な事柄が政党として良く理解できていないように思えるのが今の民主党です。

とはいえ、自民党もまだ古くからの利権体質から抜け出ているようには思えません。一部のリーダーはそうした意図を持っているのかもしれませんが、二世議員は既得権益の象徴的な存在だと思えますから、利権体質からの脱却は難しいのではないでしょうか。

第三局も、残念ながら、かなり危うさを感させるようになってきています。いずれにせよ、もう少し様子を見るしかない、というのが現状でしょうか。

月別リンク

総選挙 SHIBATA MASAHARU's BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる