SHIBATA MASAHARU's BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の国際競争力

<<   作成日時 : 2012/12/11 11:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週から台湾に来ていて今日、帰国します。韓国もそうですがこの台湾も国際的な競争力でいえば、日本よりもはるかに上位にあります。国民所得や生活水準からいえば、まだまだ日本のほうが先を行っているとは思いますが、こと国際的な競争力でいえば、26位の日本は韓国や台湾の後塵を拝するようになっているのです。

この競争力はグローバル化、と大きく関連しています。グローバル化、すなわち地球上のあちこちで、その土地に見合ったマーケッティングをし、開発設計し、そこでその地域に見合ったものを売る、という体制が出来ているレベル、が他の比較的小さな国に比べて日本は著しく後れを取っているということです。

韓国や台湾と比べて日本は日本という豊かな市場をいつも持っている、というアドバンテージがいつの間にか日本という国のガラパゴス化を進行させてきてしまったということです。

いちばん大きな問題は日本にはグローバル人材が決定的に不足していることだと思います。シンガポールなどで活躍している日本人ビジネスパーソンを見ても明らかに、日本社会の延長線上にしかいない、と思わせる方が少なくありません。

今回の台湾訪問はそういうグローバル化という点で先を行っている台湾を久しぶりに見てみたかったからです。28年ぶりの訪問です。来てみてやはり実際に見て感じる、ということが必要だと改めて思います。

月別リンク

日本の国際競争力 SHIBATA MASAHARU's BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる