体罰

大阪市立桜宮高校バスケットボール部に所属する、同校体育系学科生徒が自殺した問題を契機に体罰の問題がマスコミを賑わせている最中に、今度は日本代表女子柔道選手が園田監督とコーチから体罰をうけていたという事実が明らかになり、大きな問題となっています。

体罰というのはそもそも指導力の不足という問題がその根底にある、と意見に私も賛成です。ただ、学校スポーツの世界ではもしかすると、私たちの目にあまり触れなかっただけで体罰を行う、というのはかなり当たり前の事実であったのかもしれません。

そもそも旧日本軍隊ではその一構成要素として語られる体罰が、日本の学校スポーツに残ってしまったということなのだろうと思います。

一番問題なのは、子供たちの親に体罰を容認するような意見がけっこうある、という点でしょう。私たち日本人はまだかなり遅れているな、というのが正直な気持ちです。

今回のこの一連の動きから私たち日本人が学ぶべきことはたくさんある、ということです。