チームワークの質を上げることと、個の質を上げること

前回の続きです。

確かに、個のレベルが上がらないとこれ以上、サッカー日本代表のレベルアップは期待出来ない、というのは事実でしょう。ただ、それぞれの個のレベルであれば何でもいいからとにかく上がれば日本代表は強くなる、というわけではない、ということだと思います。

コンフェデ杯では確かに失点が非常に多く、DFの吉田を始めとする守りに問題が有るのでは、多くの人が感じています。そして、その力が有ることを誰もが認め本人も代表復帰を熱望している田中マルクス闘莉王の代表復帰が取りざたされてきました。しかし、今日発表された東アジア選手権の代表メンバーに彼の名前は有りませんでした。

確かに、個のレベルという意味では彼は間違いなくレベルは高い。コンフェデ杯ではセットプレーでの失点が多かったわけですから空中戦が強い闘莉王の高さと強さは魅力です。それにロングフィードの精度も非常に高いものを持っています。しかも並みのFWよりも得点力があります。

しかし問題は、ラインを上げて攻撃的に戦う、というザックの戦術に合うのか、という点です。選ばれなかったのは、必ずしも合わない、と判断されたからだろうと思われます。闘莉王は足も必ずしも速いとは言えないし、足もとの細かいボールさばきも卓越しているとは言い難いなど、ザックの戦い方にマッチしたDFではない、と判断されたのだろうということです。

つまり、個のレベルを上げるのは大切なことなのは間違いないにしてもその前にチームとしてどう戦うのか、という「戦い方」が有る、ということです。つまり、その「戦い方」に沿った形で個のレベルアップもなされていかなくてはこれ以上、日本代表も強くはならない、ということなのだろうと思うのです。

個のレベルアップが不可欠、という本田の意見は確かにその通りなのですが、あくまでもチームの戦い方の方向性に沿った方向で、という但し書きが必要なのだと思います。

サッカーの場合はその戦い方は基本的に監督の決めることがらです。
ただ、私たちビジネスの分野では、社長しか決められない戦略の方向性もありますが、自分たちで決めて行かなくてはならない「目指す姿」等もあります。こうした方向性に沿った形での個の成長がまず必要だし期待もし易い。そして、成果も大きくなり得るのだと思うのです。