"ゆらぎ”とチームワーク

チームワークの質を上げる三つの約束事がすべて“ゆらぎ”を引き起こすことにつながる、というのは、非常に大切な意味を含んでいます。

というのは、チームワークというものは、そもそも単なる馴れ合いとは一線を画すものだからです。

つまり、目指すものがあり、それに向かい、それを成就させるために必要なパワーを生み出すのが人間の持つエネルギーを力に変えることを可能にするチームワークというものだ、ということです。チームワークとは目指すものに向かって、人と人との協力を生み出していく力の源泉になるものなのです。

一方、目指すものに向かおうとすれば、しがらみや既得権益に縛られているさまざまな状況と必然的にぶつかることが必要になります。既得権益というのはしがらみや善意などでしっかりとガードされていたりしますから、顕在化させること自体が大変な仕事です。

つまり、三つの約束事がチームワークの質を上げていく約束事であるというのは、この約束事を守ることが、しがらみや既得権益としっかりと向き合い、問題点を顕在化していく、という姿勢を持つことでもある、ということを意味しています。