三つの約束事

三つの約束事は“ゆらぎ”をもたらしそれに方向性を与える、と前回書きました。同時に、この約束事はイノベーティブな人材の条件でもあります。

つまり、イノベーティブな人間というのは(何らかの)目指すものを持っていてそれに向かって生きようという姿勢を強く持っています。

また同時にあるがままの事実・あるがままの実態と真摯に向き合う、という姿勢を常にしっかりと持ち、そうした姿勢を持っているかどうかを常に振り返り、そういう自分に対して誠実に向き合おうとしている、というのもイノベーティブな人材の条件です。

さらに、イノベーティブな人間というのは、常に、ものごとをその意味・目的・もたらす価値などについて問う姿勢を持っています。

この「三つの約束事」がイノベーティブな人材の必要条件であることは疑う余地がありません。