中小企業で成功する条件

大企業で勤め上げた資質の高い(若いころは高かった)人が、出向ないし転籍でより規模の小さな企業や新興企業に再就職する時、あまりうまく適応できないケースが多いのはなぜなのでしょうか もちろん、給料や福利厚生に差が大企業と中小企業の間にはある、というような問題は当然存在しますが、こうした仕組み上の問題以外に、やはりうまくいかない大きな問題点が横たわっているように思います。 こうした問題点が…

続きを読む

利用し切れていない資質の高い、大企業に滞留する人材

大企業は資質の高い人材の宝庫です。もともと優秀な人材が大企業への就職を目指して群がってくるのだから当たり前です。 しかし、十分に能力を生かしきらないでそのサラリーマン人生を終わってしまう人が多いのもまた事実です。 大体、二十代から三十代へと差し掛かっていく時、作業的なことに習熟していくことだけを求められるような仕事をさせられてしまった場合、四十代も もしそれを続けていき、そのまま五十…

続きを読む

個を生かす仕事論

ヤマトホールディングスの会長である瀬戸薫さんの書かれた本の題名です。 私が本の紹介をこのブログでするのはこの本が初めてです。この本はヤマトの広報の方からいただきました。本を移動中に読むことの多い私は、この本も大阪へのフライト中に読みました。 なぜこの本をブログで紹介しようと思ったのかを言いますと、強烈な印象を受けたところがあったからです。 瀬戸さんがまだ労務課長の時代、全国の支…

続きを読む

組織開発

今週の木曜日、慶応丸の内シティキャンパスで、ゲスト講師を務めます。神戸大の金井さんがコーディネートをする全六回の一回目、私がゲストなのです。 大きなテーマは「組織開発論、その理論と実践」、私の回は「いまなぜ組織開発なのか」、です。 面白いことに私自身は自分のやってきたことが組織開発という分野に位置づけられる、というのをまったく意識せずに今までやってきました。 ですから、このテー…

続きを読む

スコラ・アジアがたちあがりました。

先週の月曜日はシンガポールでスコラ・アジアの開所式が有り、日本のスコラからもかなりの人数が出席しました。そして私も妻と共に出席してきましたので、ブログは休むことになってしまいました。 私がすでに5年前からシンガポールにシバタオフィスシンガポールという会社を作って活動を開始しているため、スコラがすでにシンガポールに会社を持っている、と誤解しておられた方もいらっしゃったようです。 しかし…

続きを読む

事実実態 VS 誰が言ったか

三つの約束事の中のひとつである、事実・実態と自分に対して誠実である、というのをもう少し整理してみました。 事実・実態が問題になるいくつかのシチュエーションを整理してみました。 まず最初は、① 何が起こっているのか VS 誰が言ったか、です。 事実・実態が大切である、という総論はほとんどの人が同意するのです。 しかし、これは社長がおっしゃったことなのだ、というような話になる…

続きを読む

三つの約束事

三つの約束事は“ゆらぎ”をもたらしそれに方向性を与える、と前回書きました。同時に、この約束事はイノベーティブな人材の条件でもあります。 つまり、イノベーティブな人間というのは(何らかの)目指すものを持っていてそれに向かって生きようという姿勢を強く持っています。 また同時にあるがままの事実・あるがままの実態と真摯に向き合う、という姿勢を常にしっかりと持ち、そうした姿勢を持っているかどう…

続きを読む